昭和精吾の●陸●海●空

もと天井桟敷俳優、昭和精吾のブログです。

2013-05-25万有SUNA打ち上げ


あの紀伊国屋ホールで簡易ソファに横たわりながら最後の演出作となった「レミング」にダメ出しする寺山さんの後姿をオーバーラップさせながら終始舞台を見ていた。
「あれっ?これって天井桟敷公演だよね」
まさに、そう思い起こさせるような見事なシーザーの演出と応えた役者達の「SUNA」であった。
没後30年とあって様々な方、様々な劇団が新しい解釈で斬新な感性を発揮させながら寺山作品を上演したり今後上演しようとしている。それはそれでいい。間違っているとは思わない。何度か芝居や映画を観に行ったが何を観ても「ほぉ、ほぉ」としか言わなかった。
5、6年と短い期間ではあったが寺山さんとリアルタイムで演劇活動が出来たことを今誇りに思っている。

「あと何年位だろう」「わからん」こんな会話が飛び出すようになった終演後の飲み会であった。
高田恵篤、井内俊一、小林桂太がいい。31日までの公演、是非、観てもらいたい。かつての天井桟敷公演を垣間見る事が出来る。
終電で千鳥足で家路に向かう頬に小名木川の川面をなでた風が心地よかった。

2013-05-22レモン


昨日、築地市場でアメリカから輸入されて来たレモンを調べていたら「おい!グレープが入っているぞ!」手に取れば巨大レモンであった。
今、目の前にある物と写真を撮ったので比較してほしい。
これってギネス級だよね?

5/4は小空間に大勢お集まり頂き誠にありがとうございました。
狭い楽屋で待機していた時に既に感じてました、「これは、もしかして酸欠?」
案の定、舞台に出たら途中からめまいが襲ってきました。
なんとか終わらせる事だけを考えておりましたが、立っているのがやっとでした。
醜態を見せてすみませんでした。老体はこんなもんでしょう。

懲りずにまた8月には劇場 ザムザ阿佐谷へお越しください。
本当にありがとうございました。
熱い中での観劇、再度お詫び申し上げて迷った末、こちらにてご挨拶します。

昭和精吾

130511ザムザ打合せ
(資料の解説をする昭和精吾)

今年の8月にザムザ阿佐谷が開催する寺山修司フェスティバル(仮)に昭和精吾事務所も参加する。
劇場に打合せに行って来た。

8月は大きなスクリーンに資料スライドを投影しながら寺山さんや天井桟敷のことを語ろうと思う。
もちろん5月にできなかったレパートリーも披露する。
どうぞご期待ください。

管理人のこもだです。
「満員御礼、誠にありがとうございました。
あの小さな空間に大変だったでしょうけれど、最後まで見ていただきありがとうございます。」

から始まる、昭和精吾のメッセージです。
(約1分)



次は8/14、15にザムザ阿佐谷にてお会いしましょう。
ありがとうございました。


わたしの製作日誌の記事も併せてご覧いただけると幸いです。

こもだまり製作日誌【Air*Log】
2013/05/04 23:00
「われに五月を」2013満員御礼
http://blog.livedoor.jp/mari_air/archives/51963714.html

2013/05/05 0:00
寺山修司命日公演「われに五月を」の日(当日レポート)
http://blog.livedoor.jp/mari_air/archives/51965075.html

管理人こもだまりです。
先日の打ち合わせとお花見のあと、

「夜の部、終演後2時間、寺山さんを偲んで献杯しながら想い出を語る会を設けました。
昭和は寺山さんの生原稿や在籍していた当時の「天井桟敷」の資料を持参し手にとって閲覧できるようにします。
公演をご覧になるお客様は、こちらの「寺山さんの偲ぶ会」にも御参加下されば命日供養になるかと思います。」    

昭和精吾



・・・というコメントが来たのですが、延び延びになっていたお祝いも一緒にしてしまおうと思ってタイトルを少し長くしました。

『寺山さんを偲び、昭和精吾の古稀を1年半遅れて祝う会』
2013年5月4日(土・祝)
『われに五月を』終演後の新宿シアターPOO
20:30〜22:30の予定
会費2000円 二時間飲み放題

参加ご希望のかたは『われに五月を』ご予約の際にその旨お申し付けくださいませ。
マチネ観劇後、用事を済ませて戻ってくる、というのも可です!


『われに五月を』詳細はこちらにて。
http://blog.livedoor.jp/syowa_seigo/archives/65710430.html



3月3日(日)、「巨人の星」や「あしたのジョー」 「タイガーマスク」 「愛と誠」など数々の不滅作を世に送り出した漫画原作の第一人者、故・梶原一騎(本名・高森朝雄)氏の夫人、篤子さんの誕生パーティーが六本木のクラブで開催された。予め招待状が届いていたので、 イッキやこもだ、それにお世話になっている劇団A・P・B-Tokyoの高野や浅野らを連れてお祝いに駆けつけた。
いい加減酔いが回ってきた頃に突然イッキ曰く「5月の寺山さんの命日に何かやりましょうよ」 「駄目だ!時間もないし、それに脊柱管狭窄症で両足指が痺れているんだ」。
まぁ、この場所でこれだけ酒が飲めるんだから大したことはないか!
数日が過ぎて「昭和さん、5月4日にPOOを押さえましたよ」「何だと!」無理矢理イッキ案に引きずり込まれた感である。

そんなわけで今年の5月4日は、久しぶりに『われに五月を』をフレッシュな2人の語り部に演じてもらおうかと思っている。長編叙事詩「李庚順」を軸に寺山さんの初期短歌の掛け合いや、俺が在団中に絶叫した詩などで【かくれんぼ】をテーマとする。さて、老体も「邪宗門」の鞍馬天狗に寺山流「国家論」あたりで挑戦しようか?
是非、お越し頂きたい。


なお没後30年ということで劇場ザムザ阿佐谷は8月いっぱいを、寺山作品の特別上演月間として企画しているそうだ。
前期高齢者の出番は8月14 ・15日、国民総移動に沸くお盆真っ只中、東京に人なるものがいないが岩手の童話作家の言う「ナツノアツサニモマケズ」頑張らないでやってみよう。
こちらのタイトルは『71歳・俺の寺山修司と天井桟敷』である。

俺から離れて向こう岸に渡った多くの方々よ、今日だけはこっちの岸に来てくれ。
今日は彼岸中日である。続きを読む


持病も可もなく不可もなく、まずは「ごっそさんです」。


「さぁ〜ッ」頑張ろうと思っても頑張れない1年であった。それでいいのだ。


新装になった東京駅近くを運転中に偶然にも世界で一番乗って見たい正式な名前は忘れたが馬車とバッタリ遭遇!一日良い事があった。




昨年は「脊柱管狭窄症」読めもしなければ意味も判らぬ病にかかり今も定期検診と投薬を受けている。
その為古稀記念公演のつもりの芝居を一本流してしまった。

昨年末、ザムザ阿佐谷が「寺山修司特別月間」を今年8月に開催したいという事でスタッフと会った。
内容を聞いているうちに、十何年ぶりかの東京での単独公演に「その話のってみようかな?」と思ったりもした。
季節がら「われに五月を」じゃ可笑しいし「71歳・俺の寺山修司と天井桟敷」ではどうだろう?
コーヒーをすすりながら、ぼんやりと暮れゆく新宿の師走の灯りを見ていた。
近くの小名木川にも新年がきた。
昨年に携帯で撮った写真も2、3枚アップしたが「孫に勝った」1日でもあった。

本年も宜しくと言いたい所だが上記の事はまだ決定した事ではない。
詳しいことが決ったら発表する。

ともあれ、良いお年を!


おじいさん人生、完
大滝秀治さん台本と大往生
  10月6日(土)朝日朝刊より

待てよ? 確か大滝秀治さんの舞台を昔一度だけ観た事あるよな?
段ボ−ルを探しまくったら卒業公演の写真とともに一冊のパンフレットが一番下から出てきた。
「昭和40(1965)年2月23日PM9:20〜11:10 風強く肌身刺す」と表紙の裏に記されていた。
続きを読む



子規曰く
「春雲は綿の如く、夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く、冬雲は鉛の如く」

四季の空をこのように例え分けたとか(朝日新聞より)。
我が家の近くを流れる小名木川の川面にも、ようやく秋が写ってきた。

「ちっちゃい秋ちっちゃい秋見つけた」

よく凌げたなぁ今夏を、この老体で自画自賛中。

処暑をむかえ暑気納まるといえども残暑厳しい毎日です。
来訪者に少しの涼でもとアップしました。
40代半ばに登った谷川岳一の倉沢です。



当人は完璧に融けております。
皆さまにおかれましては爺みたいに融けずに虫の音に秋の到来を待ってて欲しいです。
残暑お見舞い申し上げます。

このページのトップヘ