昭和精吾の●陸●海●空

もと天井桟敷俳優、昭和精吾のブログです。

2008年04月

寺山さん。
5月4日午後0時5分、俺、大阪の宮(宮悪戦車:ストロベリーソングオーケストラ座長)の所でゲネの真っ最中です。お墓には行けませんが少し早い気もしますが29日、うちから朝一の電車が高尾への直行便になっておりますので、お邪魔します。
「昭和、上手い役者より、凄い役者なれ。ホームラン打者より3割打者になれ」
結局どっちにもなれず67才になってしまいました。
あの当時、寺山さんが演出した通りの演技はしますが、ポンと肩を叩き「昭和、頼むな」とまた言って下さい。
時間が来ましたら、東京の空に向かって合掌します。それでご勘弁のほどを。あとでDVDを送ります。
「そうだ、寺山さんはDVDが何であるか知らないんだ。テープにします」



この写真は2005年、宮とやった大阪公演の時の写真です(ボケているから、いいのであります)。それにしても息子との共演は疲れそうです。頑張れと言われても頑張れませんので、いつもの長いダメ出しは今回だけは、これまたご勘弁下さい。では、29日の再会を楽しみにしております。
寺山さん、じゃまたです。

これらの木々も今は青葉若葉に変身した。
54歳のちょうど今頃、駐車場で突然、心臓をわしづかみされ、近くのクリーニング店に「救急車呼んで下さい」と倒れこんだ。それ以来、「来年は見られるかなぁ、よし目に焼き付けておこう」。

定期検診と投薬を受けながらも13回も見ることが出来た。上出来である。



大きな鳥居の向こうには親父が眠っている。その親父の故郷にも満開になったよ。電話の向こうで義姉の弾んだ
声が聞こえた。

このページのトップヘ