昭和精吾の●陸●海●空

もと天井桟敷俳優、昭和精吾のブログです。

2010年03月



A・P・B-Tokyo結成10周年公演『邪宗門』にて、伝説となった昭和精吾の鞍馬天狗が復活します。
そのご予約を昭和精吾事務所扱いにしてくださったお客様に、特典をご用意できることになりましたのでお知らせいたします。
どうぞこの機会をご利用くださいませ!

◎昭和精吾事務所ご予約特典◎
下記メ−ルでご予約された方には、昭和精吾所蔵の寺山修司生原稿のコピーを差し上げます。
昭和のサイトで最も反響の大きい、これまた伝説と呼ぶべき「力石徹告別式の構成表」(6枚)のコピーです。当日、劇場受付でお渡しします。


力石徹への弔辞1

これが一枚目。続きはこちら(昭和精吾レパートリー紹介)にてご覧になれます。



ご予約は nanten@tky.3web.ne.j (最後にpをつけてください。)
タイトルを「邪宗門予約」
本文に「ご希望日時・枚数・お名前(フリガナ)・連絡先(電話orメール)」を書いて送ってください。
確認メールを返信いたします。
(前日24時まで受付)。

舞台の詳細は3/1の日記をご覧下さいませ。

67d497a3.jpg

A・P・B-Tokyo結成10周年公演『邪宗門』にて、伝説となった昭和精吾の鞍馬天狗が復活します。
そのご予約を昭和精吾事務所扱いにしてくださったお客様に、特典をご用意できることになりました!
3/3ひな祭りの日に当ブログにて発表いたします。
どうぞこの機会をご利用くださいませ!

◎昭和精吾事務所ご予約特典◎
下記メ−ルでご予約された方には、昭和精吾より、プレゼントが!
当日、劇場受付でお渡しします。(ご予約方法はこの日記の最後に記載)

3/3 特典発表

「おねがいだ、捨てられてくれ! おっ母さん!!」
それは言葉であり、言葉を操っていたのは作家であり、
そして作家を操っていたのは夕暮れの憂鬱や遠い国の戦争や一服のたばこの煙だった。
寺山修司の描く、誰もが抱える人を愛するがゆえの苦悩。
愛は「地獄」か? 「極楽」か?
時代を超越して今なお疾走し続ける天才劇詩人・寺山修司の1972年初演作品。

劇団☆A・P・B-Tokyo結成10周年公演『邪宗門』
作:寺山修司 演出:高野美由紀 音楽:J・A・シィザー チラシ画:智内兄助続きを読む

このページのトップヘ