昭和精吾の●陸●海●空

もと天井桟敷俳優、昭和精吾のブログです。

2011年02月

うちのこもだも出演する廻天百眼(かいてんひゃくめ)九発目本公演「存ぜぬ快楽」の案内と招待状が送られてきた。
陰鬱なセクシュアルエンタ−テイメント音楽劇だそうな。
年寄りには刺激になって良いかもしれない。

健闘を祈る!

虚飾集団廻天百眼 九発目本公演
『存ぜぬ快楽』
110303tirasi

やんごとなきお方の邸宅から日夜漏れ聞こえる調教劇!
奴婢に堕とされた令嬢が日夜あの世のモノと会話する。

空気を抱くのです。
布団の中で
台所で
箪笥を開けて
あなた、いるつもりになって。


◎日程◎
3/3(木)19:30〜
3/4(金)19:30〜
3/5(土)14:30〜/19:30〜
3/6(日)14:30〜/18:30〜

詳細→こもだブログ記事

◎ チケット◎
いづれかの方法でご連絡ください。前売価格でご予約いただけます。
1)こもだまり扱い予約フォーム(携帯対応)に入力 → http://p.tl/maxE
2)メールにて日時と枚数をお知らせいただく→nanten(at)tky.3web.ne.jp
  ※(at)部分を@に変えてください。

前売3000円 当日3500円
 

◎会場◎
ザムザ阿佐谷
(JR阿佐ケ谷駅北口徒歩3分)

◎脚本・演出
石井飛鳥

◎出演
紅日毬子
桜井咲黒
金原沙亜弥
TETRA。

常川博行
こもだまり(昭和精吾事務所)
泰造

倉垣吉宏(SAI)
桐山菜穂(劇団東京都鈴木区)
有栖川ソワレ(MONT★SUCHT)

紅夜
いちご
仲村弥生
ユートピア麻美

あの伝説の漫画「あしたのジョ−」が映画化され封切り間近と知る。

ここに寺山さんが当時の1970年3月24日、講談社講堂で俺が弔辞を読んだで執り行われた力石徹の葬儀の構成表を生原稿から5枚アップする。

後、原作者、故梶原一騎氏から頂いた最後の賀状とともに寺山さんが力石に捧げた弔辞全文を掲載する予定である。
続きを読む

このページのトップヘ