子規曰く
「春雲は綿の如く、夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く、冬雲は鉛の如く」

四季の空をこのように例え分けたとか(朝日新聞より)。
我が家の近くを流れる小名木川の川面にも、ようやく秋が写ってきた。

「ちっちゃい秋ちっちゃい秋見つけた」

よく凌げたなぁ今夏を、この老体で自画自賛中。