昭和精吾の●陸●海●空

もと天井桟敷俳優、昭和精吾のブログです。

2013年05月

2013-05-25万有SUNA打ち上げ


あの紀伊国屋ホールで簡易ソファに横たわりながら最後の演出作となった「レミング」にダメ出しする寺山さんの後姿をオーバーラップさせながら終始舞台を見ていた。
「あれっ?これって天井桟敷公演だよね」
まさに、そう思い起こさせるような見事なシーザーの演出と応えた役者達の「SUNA」であった。
没後30年とあって様々な方、様々な劇団が新しい解釈で斬新な感性を発揮させながら寺山作品を上演したり今後上演しようとしている。それはそれでいい。間違っているとは思わない。何度か芝居や映画を観に行ったが何を観ても「ほぉ、ほぉ」としか言わなかった。
5、6年と短い期間ではあったが寺山さんとリアルタイムで演劇活動が出来たことを今誇りに思っている。

「あと何年位だろう」「わからん」こんな会話が飛び出すようになった終演後の飲み会であった。
高田恵篤、井内俊一、小林桂太がいい。31日までの公演、是非、観てもらいたい。かつての天井桟敷公演を垣間見る事が出来る。
終電で千鳥足で家路に向かう頬に小名木川の川面をなでた風が心地よかった。

2013-05-22レモン


昨日、築地市場でアメリカから輸入されて来たレモンを調べていたら「おい!グレープが入っているぞ!」手に取れば巨大レモンであった。
今、目の前にある物と写真を撮ったので比較してほしい。
これってギネス級だよね?

5/4は小空間に大勢お集まり頂き誠にありがとうございました。
狭い楽屋で待機していた時に既に感じてました、「これは、もしかして酸欠?」
案の定、舞台に出たら途中からめまいが襲ってきました。
なんとか終わらせる事だけを考えておりましたが、立っているのがやっとでした。
醜態を見せてすみませんでした。老体はこんなもんでしょう。

懲りずにまた8月には劇場 ザムザ阿佐谷へお越しください。
本当にありがとうございました。
熱い中での観劇、再度お詫び申し上げて迷った末、こちらにてご挨拶します。

昭和精吾

130511ザムザ打合せ
(資料の解説をする昭和精吾)

今年の8月にザムザ阿佐谷が開催する寺山修司フェスティバル(仮)に昭和精吾事務所も参加する。
劇場に打合せに行って来た。

8月は大きなスクリーンに資料スライドを投影しながら寺山さんや天井桟敷のことを語ろうと思う。
もちろん5月にできなかったレパートリーも披露する。
どうぞご期待ください。

管理人のこもだです。
「満員御礼、誠にありがとうございました。
あの小さな空間に大変だったでしょうけれど、最後まで見ていただきありがとうございます。」

から始まる、昭和精吾のメッセージです。
(約1分)



次は8/14、15にザムザ阿佐谷にてお会いしましょう。
ありがとうございました。


わたしの製作日誌の記事も併せてご覧いただけると幸いです。

こもだまり製作日誌【Air*Log】
2013/05/04 23:00
「われに五月を」2013満員御礼
http://blog.livedoor.jp/mari_air/archives/51963714.html

2013/05/05 0:00
寺山修司命日公演「われに五月を」の日(当日レポート)
http://blog.livedoor.jp/mari_air/archives/51965075.html

このページのトップヘ