昭和精吾の●陸●海●空

もと天井桟敷俳優、昭和精吾のブログです。

タグ:昭和精吾

瑠璃光寺(るりこうじ)
東京都港区東麻布1−1−6
※東京タワーの近くです。


[交通]
都営大江戸線「赤羽橋」駅 赤羽橋口より徒歩4分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 1番出口より徒歩8分
都営三田線「御成門」駅 A1出口より徒歩10分


※印刷用地図 http://www.fureainohi.com/pdf/map_rurikoji.pdf
続きを読む



急なお知らせとなることをお許しください。

平成27年8月29日の午前1時に昭和精吾(本名・鎌田賢)が逝去しました。
享年73歳、8月15日のザムザ阿佐谷公演を終えて九日後にみつかった進行性の癌で、入院から数日の出来事でした。

本人の意向で葬儀が終わるまで伏せていました。
本日9月1日の朝に密葬が済みましたことを併せてご報告申し上げます。


前日に奥様より
「家族葬だけれど、お別れしたい方があればどうぞ」とのお申し出があり、
近年一緒に舞台を作ってお世話になったごくごく一部のかたのみお知らせすることにしました。
急でしたが駆けつけてくださった縁の方々にお顔を見ていただけてよかったです。

公演を予定していた12月6日の夜、シアターpooにてお別れ会のようなものをする予定です。


病室に呼ばれて最後に面会したとき、昭和は「楽しかった」と言いました。
写真はそのとき預かった昭和精吾からのメッセージです。

末筆ながら、生前はたいへんお世話になり、ありがとうございました。
生涯現役を貫いた我らのボスを、心より誇りに思います。




平成27年9月1日

昭和精吾事務所
こもだまり
イッキ


なお、わたしがご連絡先を存じ上げない関係者のかたも多いので、この記事をご覧になったらお近くのかたにもお伝えいただけると幸いです。

[お問い合わせ先]
komodamari★gmail.com(★→@)

2015年8月26日 7:50
※Facebook記事が友達限定公開になっていたため転載いたします。

20150816父

20150816母

20150816本人


昭和16年12月14日この両親の元で満州国新京で四人兄姉の末っ子として生まれた。
<昭和精吾癌に散るか!?>
早朝の仕事に行く橋に向かうゆるやかな坂道で激しい痛みが背中に走った。街路樹につかまり思い切り嘔吐し咳き込んだ。病院のERへ。
上血圧140下111、日頃は120、78位で推移している。これはヤバイ、血液検査、CT、MRI。
「今日はこのまま即入院してくれませんか?」冗談じゃねえ、これから仕事だ。「それでは明日11時30分に来院下さい」

医師3人と婆と立ち会った。MRIの画像を見ながら説明を受ける。
「残念ながらほどんと末期がんです」「あと何年?」「いや、五ヶ月くらいかと思われますが進行が早そうなので、もっと早くなるかもしれません」

隣の婆は泣いていたがあと五ヶ月、何ができるだろうか?ぼんやりと考えていた。
「最善の治療方法を考えましょう」「はい」と言うしかなかった。
五ヶ月先と云えば新年を迎える。おふくろより一歳長生きできたことが、せめてもの一つの親孝行か。このコメントだけは絶対に嘘であって欲しいと願いたい。
「きみの永遠の幸せを祈る!」

(昭和精吾 Facebook記事より転載)

2015年8月22日 20:04
※Facebook記事が友達限定公開になっていたため転載いたします。

20150822_1

20150822_2

早朝の出勤時、妙に背中が張った感じで違和感があった。多少痛みも走る。何だろう?
ゆるやかな坂道を一歩一歩橋のテッペンに辿り着く。化粧直しの横顔が水鏡にあった。欄干にもたれかかる背中をあの時の冷たかった白い手でやさしく撫でてくれませんか?わがままなど言いません。ほんの少しの間でいいんです。坂道を下れば名残の花があった、暑かったね今日も、明日は処暑とか。

(昭和精吾 Facebook記事より転載)

2014-10-11pooにて

昨夕、12月14日(日)会場となる新宿シアターPOOで出演者全員で(と言っても4人だけだが)打ち合わせを行った。
こもだまりは青蛾館30周年記念公演「星の王子さま」で歌った劇中歌をプレゼントしてくれるそうな。
イッキ曰く「昭和さんも73歳に成る前に人並みに20歳の時もありましたよね。俺、それをプレゼントします」
間髪入れず、西邑「俺まだ昭和さんと知り合って日が浅いし8月3日、練馬区立美術館の<あしたのジョー、の時代展>で力石徹へ捧げた、あるボクサーの死を歌います」
そうか・・・、力石徹か、俺もまた弔辞でも読んでみようかな?
ところで爺の一時間半の寺山さんをうたうの構成は何一つ決まっていない。



新宿シアターpoo(新宿駅東南口より徒歩2分)
<12/14(日)昭和精吾73歳誕生日公演>
【寺山修司をうたう】
作/寺山修司 音楽/J・A・シーザー 

【出演】昭和精吾
   [お祝いの歌と詩]こもだまり・イッキ・西邑卓哲(FOXPILL CULT

【ゲスト出演】[祝辞と弔辞]萩原朔美

会場・新宿シアターPOO(問合せ・予約/03-3341-8992/ただし17〜24時)
※小さな会場につき50名様限定

チケット(1ドリンク込)
予約/¥2500
当日/¥3000

16時過ぎから「昭和を励まして早くあっちへおくる飲み会」2時間飲み放題/どなたでも参加できますが¥2000別途かかります(パーティのみの参加も可能。公演とは別途ご予約が必要です。
公演をご覧になるかたも、予約時にご申請ください)

10月14日(火)正午よりネット予約を受け付けます
入力フォーム
(10/1412:00〜12/13土23:59受付)


「うわ〜昭和さん14日大安だ」「2ヵ月後の14日は討ち入りの日だし泉岳寺に皆なびいて誰も来ないかも知れないね、仏滅かい?」


【スタッフ】
音響:飯塚ひとみ
受付:野口有紀
当日運営協力:倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)、TETRA。
協力:株式会社ポスターハリスカンパニー、株式会社アクロス・エンタテインメント、
FOXPILL CULT麻邑楽

130511ザムザ打合せ
(資料の解説をする昭和精吾)

今年の8月にザムザ阿佐谷が開催する寺山修司フェスティバル(仮)に昭和精吾事務所も参加する。
劇場に打合せに行って来た。

8月は大きなスクリーンに資料スライドを投影しながら寺山さんや天井桟敷のことを語ろうと思う。
もちろん5月にできなかったレパートリーも披露する。
どうぞご期待ください。

管理人のこもだです。
「満員御礼、誠にありがとうございました。
あの小さな空間に大変だったでしょうけれど、最後まで見ていただきありがとうございます。」

から始まる、昭和精吾のメッセージです。
(約1分)



次は8/14、15にザムザ阿佐谷にてお会いしましょう。
ありがとうございました。


わたしの製作日誌の記事も併せてご覧いただけると幸いです。

こもだまり製作日誌【Air*Log】
2013/05/04 23:00
「われに五月を」2013満員御礼
http://blog.livedoor.jp/mari_air/archives/51963714.html

2013/05/05 0:00
寺山修司命日公演「われに五月を」の日(当日レポート)
http://blog.livedoor.jp/mari_air/archives/51965075.html



並木橋の五月の路上に長い影を落とし、はにかみながら予想した馬券も当たりませんでしたね。
あの日、あの時と同じ黒メガネスタイルでわざわざ沖縄から網走五郎が寺山さんに会いに来ましたよ。


続きを読む

さて、新生・精吾の部屋その1である。

時は1971年7月24日から8月2日、場所は当時の晴海国際貿易センターであった。
ヨーロッパでの「邪宗門」の公演を終え‘71『地獄より愛をこめて』を上演した。タイトルが違ってはいるが内容はほとんど「邪宗門」に近いものであった。
広い会場には(十代だったと記憶しているが)「世界美女コンテスト」?があったり「フルーツガム・カンパニー」(このロック・バンドが当時、名を馳せていたか否か、実はレコードも持っていなければ今もって知らない)が出演したりして話題にはなった。

主催・名誉会長はおらが村の出身で誇りでもあった石田博英労働大臣であった。

その舞台で、寺山さんから渡された5枚の詩を朗読することになった。
続きを読む

このページのトップヘ